ブログトップ

ひごディウス(ポピィ)のレトロゲーム記

overlodius.exblog.jp

レトロゲームの購入や所有ソフトの紹介を主に行うブログです。

N64カセットを吸い出そう!

パラレルケーブルを入手できたのでようやく実現できました!

Nintendo64もあと1ヶ月で発売から17年が経とうとしております。
64といえば今もなおニコニコユーザーから愛されているスーパーマリオ64をはじめ、
Nintendo3DSでもリメイクされた、ゼルダの伝説 時のオカリナとスターフォックス64、
今でも全然面白いマリオカート64、大乱闘スマッシュブラザーズ、ゴールデンアイ007、どうぶつの森、ヨッシーストーリー、カスタムロボと言った名作ソフトが出たハードでもあります。
友達と一緒にスマブラをやっていた小学校時代の夏休みは今も思い出です(^o^)
今回は名作ぞろいの64カセットを吸い出す話です。

吸い出し方は知っている限りでは3通りありまして、上から

①パソファミを使う
②プロアクションリプレイ3を使う
③Retrode2とN64プラグインアダプターを使う

と言ったところでしょうか。今回のやり方は2番です。

まずはプロアクションリプレイ3ですが、日本版は現在も入手が困難です。
あったとしても1万円以上は出さないと買えないこともあったりします。じゃあどうするのか?
日本版の入手が難しいなら、海外版を買えばいいだけのことです。結果的に①と③より安くなるから。
海外版はGame Sharkという名前で売られています。
Amazon.comやセカイモンで入手するといいでしょう。
(簡単に入手したいならセカイモンの方がいいのかもしれない)
送料と税関とか合わせても4000円~5000円ぐらいで済むと思います。
但し、Game Shark ProのVer3.2が絶対条件です。それ以外だと確実にOUTです。
(そもそもPYR3はGame Shark ProのVer3.2を日本語化したもの)
あと海外通販なのでクレジットカードも絶対条件です。



d0311044_204481.jpg




これがそのGame Shark Proです。自分は昨年の6月にAmazon.comで購入しました。
本体価格は確か$14.99でした。実に安い。
(海外製だから日本版本体で使えないんじゃ・・・という声もあるみたいですがちゃんと使えます。)

無事にプロアクションリプレイ3(もしくはGame Shark Pro Ver3.2)を入手できたら、次はパソコンです。
自分はこの記事で買ったノートパソコンを使っていますが、注意点が二つ。
ひとつはホンコンでもそうなんですが、パラレルポートがついているものと
OSは9x系と呼ばれるもの、つまり98かMeを使わないといけません。(95は未確認)
パラレルケーブルと一緒にハードオフなどで安く手に入れましょう。OSは各自で用意してください。
当然吸出し機などありませんのでN64実機も必要になります。テレビかキャプチャーボードも必須。
ユーティリティソフトはねこかぶ様のサイトにおいてあるものを使いました。


準備が出来たらカセットを用意しなければなりませんね




d0311044_2073151.jpg



ソフトはこれだけしか持ってませんでした・・・・
まぁ全部当時に買ったものではなくて、昨年から買い集めたものなんだけどねw
ウェーブレース64は通常版と振動パック対応バージョンを用意。

やり方に関してはねこかぶ様のサイトの方がしっかりと書かれているのでここでは簡潔に
(PYR3orGSのアップグレードは省略)
①N64をセッティングし、PYR3 or GSを挿し、その上に吸い出したいソフトを挿す。
②パラレルケーブルをPYR3 or GS側とパソコン側に接続する
③PYR3 or GSを起動し、メインメニューで待機させておく。


d0311044_2083439.png




④パソコン側でユーティリティソフトを立ち上げて、接続を認識させる。


d0311044_20111611.png

(アップグレード前にキャプチャしたのでまだVer3.2です。でも大体こんな感じ)

⑤認識が出来たなら、ROMを吸い出す。


d0311044_2012998.png

(これもアップグレード前に(ry))

⑥しばらく待つ。


d0311044_20124889.jpg

(とにかく待ちます。Game Shark側はフリーズしたような画面になりますが、終われば元通りになります)

以上です。

容量によって吸い出す時間は様々です。
128Mbitソフト(スマブラやパワプロ5など)は15分ほどで
256Mbitソフト(カービィ64やスパロボ64など)はリアルで30分以上かかりました。


では吸い出したソフトを動かしてみましょう。ソフトはProject64 2.1を使用。
海外製ですがインストールすれば日本語を選択できますので安心安心。プラグインはデフォルトのままで。


スーパーマリオ64 振動パック対応バージョン


d0311044_20155975.jpg


マリオカート64


d0311044_20161394.jpg


ウェーブレース64(下は振動パック対応版)


d0311044_20162196.jpg

d0311044_20162855.jpg


大乱闘スマッシュブラザーズ


d0311044_20164038.jpg


おお!綺麗です!バッチリ起動しています。
起動前にROMチェッカーでファイルの確認をしましたが、
ウェーブレース64はVer1.1だったからなのか、サムチェックがエラーでした。(振動パック版はVer1.2)
他のソフトはサムチェックOKでした。

初めてのことだったんで、GameSharkがなかなか起動できないことがありました。
原因は「ゲームキー」と呼ばれるもの。
これは何かというと、GameShark自体にカギをかけて起動を出来なくするというものです。
それぞれ対応したソフトでないと起動が出来ませんのでご注意を。
簡単にではありますが、今回吸い出したソフト(持ってないソフトもあるけどついで)に対応するキーをまとめてみました。

Mario World 64 & Others(デフォ)
           ↓
スーパーマリオ64(振動版も含む)、マリオカート64、スターフォックス64、実況パワフルプロ野球5
ウェーブレース64(振動版も含む)、スーパーロボット大戦64


Diddy, 1080, Banjo, Griffey(D-キー)
           ↓
ディディーコングレーシング、バンジョーとカズーイの大冒険、エキサイトバイク64
大乱闘スマッシュブラザーズ、ポケモンスタジアム2、星のカービィ64


Yoshis, F-Zero, C'World(Y-キー)
           ↓
ヨッシーストーリー、F-ZERO Xなど


Zelda(Z-キー)
   ↓
ゼルダの伝説(オカリナとムジュラ)、ドンキーコング64、パーフェクトダークなど


これからはもっとN64ソフトにも手を付けていこうかと思っております。
まずはカスタムロボからかな・・・?



追記:
北米版N64のカセットはSNESと同じようにカートリッジの形状が違うためそのままでは日本版本体には刺さりません。遊びたいときはこの記事のSNESと同じようにしてやれば普通に動きます。
[PR]
by overloadlion | 2013-05-23 20:25 | 吸出し関連 | Comments(0)